がんの町医者

「どう生きるか」を応援する

あなたは、「がん」と聞いたら何を連想させますか?

がんを3つのテーマから考えるセミナー

がんの再発とは

がんの治療とは

がんの予防とは

がんを3つのテーマから
考えるセミナー
開催します。

「共存」とは「がん」を攻撃しないということではありません。
その人に合った治療法を駆使して抑え込み、生き方を見直すことにより
はじめてがんとの共存を実現することができます。

無料セミナープログラム

講演 高良 毅先生

聖マリアンナ医科大学を卒業後、母校の第一外科に入局し救急外来を経験したのち、肝臓・小腸の移植・臨床を研究するため、カナダのモントリオールにあるマギル大学に4年間留学し、モントリオール小児病院、モントリオール総合病院、ロイヤルビクトリア病院の3つの病院で、移植の権威であるFrank M. Guttmann氏に師事を受けました。

帰国後、東京労災病院の外科に入局し、消化器がん、乳がん及び肺がんの治療に当たってきました。

2002年、がんを総合治療で治すタカラクリニックを開業し、10年以上に渡って、がんと闘い続けています。

質疑応答

※医療相談はその場で予約して頂き、後日クリニックにて受けて頂きます。
※セミナー参加者には30分医療相談無料値引きを致します。

抗がん剤は、活発に分裂する細胞に効果があります
どのステージからでもアプローチ可能ながん治療セミナーです

セミナーご参加いただきました方には
個別相談会の割引チケットをお渡しします。

ご予約はこちら

はじめまして。
タカラクリニック院長、高良毅と申します。

当院は、未病の患者様で遺伝などの家族歴があり、その発症を抑えたい方がん治療後(手術、抗がん剤治療後など)で再発防止を希望される方ステージⅢ・Ⅳ以上の方残された治療法がなく、ホスピスを勧められた方の治療に対応したがん治療専門のクリニックになります。(白血病など血液がんの治療は対象外になります)

当院のTCTP治療は、他の医療機関で抗がん剤治療をされている方でも併用することが出来ます。
当院はあきらめない、あきらめたくない方のがん治療の専門クリニックです。治療法はまだまだあります。どうぞ躊躇せず、ご相談ください。

1985年 聖マリアンナ医科大学卒業 母校の第一外科入局
1991年 カナダ国ケベック州マギル大学(McGill)付属病院であるモントリオール小児病院にて、Dr.F.M.Guttmanの指導の下に肝臓および小腸移植の研究をする。
その成果を国際移植学会など多数の学会に発表する。
1995年帰国後、労働福祉事業団東京労災病院外科へ入局
2002年10月 メディカルクリニックを開業
2003年4月   医療法人社団 盛心会   設立 理事長就任
2006年4月   医療法人社団 盛心会 タカラクリニックに名称変更
2017年3月   AOI国際病院 免疫顧問に就任
医療法人社団 盛心会 理事長 兼任 現在に至る。

一般社団法人 ホルミシス臨床研究会 学術常任委員
日本臨床食品研究会 理事
日本統合治療癌学会 会員
国際個別化医療学会 認定医 監事
日本内視鏡学会   会員  
               他
著作:
・「病気の源を細胞から回復させるマイナスイオンの驚異」(2001年9月23日発行)靖文社
・「タカラ総合免疫療法が医療新時代を切り開く」(2007年11月30日発行) ルネッサンス・アイ

以下 共同執筆:
・100歳まで元気人生!「病気予防百科」(2007年10月25日)日本医療企画
・お医者がすすめる代替医療(2006年3月27日)Gakken

 その他、多数の雑誌記載また、サプリメント論文多数執筆あり。

タカラクリニックのがんへの考え方

カナダでの移植手術から際しての活性酸素の研究や、病院での外科医としての限界、父をがんで失った経験から、私は、自分で思う医療を提供できるクリニックを設立しました。

「あなたが治るなら、どの病院に行ってもいい」
多くの方は、あまりにも自分の身体のことを人任せにしすぎです。やはり、自分の命のことですから、もっと自分で勉強したり、いろいろな人の意見を聞いてみることです。インターネットで情報を集めてみてもいいでしょう。そうやって、自分に本当に必要な治療法を選択していくことが重要です。
なぜ、いまこの治療が必要なのか。それを見極めて、患者自身が納得していなければ、治療はうまくいきません。ストレスでしかないのです。病院に言われるままではなく、自分で自分の受けたい治療を考えるようにして頂きたい。そう思います。

がんの治療に対するタカラクリニックの基本的な考え方は、二つあります。
一つは、活性酸素などの体に悪い影響を及ぼすものを除去して病気を防いだり、あるいは初期のうちに抑えること。
二つは、人間がもともと持っている免疫力や自然治療力を引き出してがんを治療する、というものです。

当院で考える「免疫療法」へのアプローチは、戦でなぞらえて言えばまず「自分の戦闘力」を知り「相手の力」を知る。それから「戦局」を知る。
その上で「新しい戦いをする武器」を持つと相手に勝てるということです。
これを人間の身体に置き換えると、「自分の免疫力」を知り、「がんの勢い」を知る。それから「がんの位置と大きさ」を調べて、「免疫を上げる」とがんをやっつけられる、と私は考えています。

まず、自分の状態を正確に把握することから始めてみませんか。

タカラクリニックは、「どう生きるか」を応援する医療機関である。

抗がん剤は、活発に分裂する細胞に効果があります
どのステージからでもアプローチ可能ながん治療セミナーです

セミナーご参加いただきました方には
個別相談会の割引チケットをお渡しします。

ご予約はこちら

タカラクリニックが考案したTCTP(統合的がん治療療法)を
お薦めする6つの理由

理由その1
他の治療と併用できる

 現代の治療では、通常末期がんに対して抗がん剤のみの治療となります。当院の治療は抗がん剤治療に加え、コア治療として免疫治療、放射線治療を併用することができます。

理由その2
身体の負担が少ない治療

 当院の治療はCTガイド下、超音波ガイド下、内視鏡下にて直接腫瘍内へ免疫細胞などを穿刺針を使用して注入する治療法です。通常のがん治療のように切開したり抗がん剤を投与する 治療ではないため、身体への負担が低減されます。

理由その3
通院のみで治療可能

 原則として、日帰りで治療を行っています。

理由その4
すぐに治療が始められる

 受診当日からサポーティブ治療が可能です。コア治療開始までの時間を、サポーティブ治療でガンが住みにくい体内環境にします。

理由その5
医療連携ができていて小回りがきく

 急に入院が必要な時でも、医療連携をとっている病院に入院が可能です。

理由その6
代替・補完療法も組み合わせた治療

 がんという病気は生活習慣病です。たとえ治ったように見えても体内環境が劣化してくると、また増殖を始めます。そこで当クリニックでは、日々の治療に代替・補完療法を加えることにより、より良い成績の向上を目指します。

さらに!
セミナーにご参加いただいた方には
個別相談会の割引チケットをお渡しします!

通常90分25,000円(税別)の個別相談会ですが、
セミナーにご参加いただいた方は30分無料とさせていただきます。

抗がん剤は、活発に分裂する細胞に効果があります
どのステージからでもアプローチ可能ながん治療セミナーです

セミナーご参加いただきました方には
個別相談会の割引チケットをお渡しします。

ご予約はこちら

医療法人社団 盛心会について

現在、がん治療を受けに医療機関にいくと、「手術療法」「化学(薬物)療法」「放射線療法」の3つの治療法のうちのどれか、
または2つ以下の組み合わせ(集学的治療)が医師によって選択されてしまう場合が多い現状です。

未だ完璧ながん治療法は確立されていませんが、
世界中では、上述3大治療以外に「新型ワクチン」「重粒子線治療」「分子標的薬」「免疫療法」など
様々な治療法が研究および実施されています。

医療法人社団 盛心会では、従来の3つの治療法以外の世界中で研究および確立されている様々な最新医療情報をご提供してまいります。
この最先端治療情報の提供によって選択肢が増えることで、
がんとの向き合い方、完治の可能性をより広げることが出来ると当法人では考え、
がんと戦う多くの方の未来が開けるよう様々な活動を提供してまいります。

本セミナーでは、従来の治療方法以外の様々ながん治療の実例をご紹介致します。

7月28日(土)14時から15時30分
※13時30分より受付開始

スタンダード会議室 五反田ソニー通り店
7月28日(土):6階B会議室

所在地: 東京都品川区東五反田2-3-5 五反田中央ビル
電話: 03-5719-4894

お申込み

お名前 (必須)

ふりがな

性別

男性女性その他

ご年齢

お電話番号

メールアドレス (必須)

メールアドレス再入力 (確認)

ご住所 (必須)

こちらのページをお知りになったきっかけ

たまたま検索で見つかったからご友人の方の紹介病院からのご紹介その他

セミナーの内容に関して関心あることについて教えてください(複数選択可)

ご本人の事に関すること身内の方に関することがんの現在の最新治療についてタカラクリニックについてがんの予防に関して